管理人ゆうの気になること

成田/羽田 LCC就航情報(国内・国際線)

Sponsored Link:

東京にもたくさんのLCCが就航しています。

特に成田は国内線LCCがすごく充実してきましたね。

地方から成田~海外も便利になったのではないでしょうか?


google Sponsored Link1



今回は、東京の玄関「成田・羽田」就航のLCCを紹介したいと思います。


1.ピーチ


peach

関空ではおなじみのピーチ。

東京では関空行きの1路線と少ない就航数です。



◇国内線(成田)
 関西

◇国際線(成田・羽田)
 就航無し



なかなか東京在住で使用する人は少ないかも・・・?


関西までなので、新幹線が競合となりそうですが、

新幹線よりもはるかに安い場合も多いので、特に成田近辺在住の方は要チェック!!



2.エアアジア


エアアジア

エアアジアは成田、羽田どちらにも就航しています。

やはりマレーシアに行くならエアアジアが便利ですよね。



◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(成田・羽田)
 成田-クアラルンプール
 羽田-クアラルンプール
 成田-バンコク



セールだと片道1万円くらいとなります。

クアラルンプール経由でアジアにも行けるので、
使いやすいLCCだと思います。


3.ジェットスター


ジェットスター

成田が拠点のジェットスター。
国内線の充実さは、LCCでは成田1ではないでしょうか。



◇国内線(成田)
 札幌、関西、高松、松山
 福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄

◇国際線(成田)
 ケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン

※羽田は就航無し



金曜日に国内線のセールをしています。
情報は当日にUPされるので、金曜日は要チェックですね。


4.韓国系3社


関空と同じように、3社が就航しています。

1.エアプサン
エアプサン

2.チェジュ航空
チェジュ

3.イースター航空
イースター航空


就航先はこちら。


◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(成田)
 ソウル、釜山

※羽田は就航無し



羽田は残念ながら就航無しです。
韓国線なので、ぜひ羽田にも就航してほしいですよね。。。


5.セブパシフィック


セブ

フィリピンのLCCは成田のみ就航しています。



◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(成田)
 マニラ

※羽田は就航無し



片道99ペソセールはやはり見逃せませんよね。
セール情報はツイッターをチェックしてください!!


6.香港エクスプレス


香港

ここまで成田が多かったLCCですが、香港エクスプレスは羽田のみの就航です。



◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(羽田)
 香港

※成田は就航無し



羽田に就航しているので、土日で香港旅も可能ですよね。
片道6000円~なので、国内旅行よりも安くなる・・・かも!?


7.バニラエア


バニラ

バニラエアは成田空港が拠点の国内LCCです。



◇国内線(成田)
 札幌、奄美、沖縄

◇国際線(成田)
 ソウル、台湾、高雄、香港

※羽田は就航無し



就航地がリゾート地がメインとなっています。
嬉しいことに、受託手荷物は20kgまで無料です!!



8.スクート


スクート

私が、気になるシンガポール便のLCCです。
関空にも就航してほしいLCCの1つですね。



◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(成田)
 台湾、シンガポール

※羽田は就航無し





9.アジア・アトランティック

AAA

ちょっと異色ですが、チャーター便のみのLCCとなります。

HISが半分くらい出資した会社なので、HISのツアー申込で
この路線に乗ることがあるかもしれません。



◇国内線(成田・羽田)
 就航無し

◇国際線(成田)
 バンコク、カンボジア(ブノンペン、シェムリアップ)

※羽田は就航無し



LCCなのですが、機内食や受託手荷物料金は含まれています。

LCCと通常キャリアの間というカンジでしょうかね。





google Sponsored Link2






以上、成田・羽田のLCC情報でした。

やはり就航数が多い成田がLCC利用は便利ですよね。



アジアへ行くならやはりLCCが便利で安い!!

飛行機を移動手段と考える人なら、ぜひWebからLCCを検索してみてください。




きっと安さにビックりすると思います。





ぜひ、LCCで気軽で安い旅行を楽しんでくださいね。



google Sponsored Link3


Sponsored Link:

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

googleスポンサードリンク