管理人ゆうの気になること

元スタッフによる、お見合いパーティの裏側・体験談!!

Sponsored Link:

出会いの場の1つとして定着してきた、お見合いパーティー。
ただ、初めての行く人には敷居の高いものですよね。



google Sponsored Link1






初めての人必見!

元お見合いパーティースタッフでバイトしていた筆者による、
お見合いパーティー体験と攻略法を三回に渡りご紹介します。




初回の今回は、そもそもお見合いパーティーってどんなところか?

を説明します。





初回はお見合いパーティー全体と申込について

二回目は実際のパーティーでの攻略法

三回目はスタッフが見た裏事情





をお伝えします。




1.お見合いパーティーとは


お見合いパーティーとは、男女を人数合わせて集めて、





・まずは全員とお話し(5分以内)

・第一印象で気にいった人の番号を記入
 →自分に好意を持っている人の番号をゲット

・その後フリータイム三回で気に入った相手と会話(15分以下くらい?)

・最後に好みの人の番号を書く

・見事カップルになった人は発表
 (発表せずに、カップルカードを渡す場合もあり)

・パーティー終了。その後は男性→女性で解散。




大体どこも同じような流れになります。
初めての人は、この流れを知っているだけでも、
ちょっと安心しますよね。






2.事前に用意するもの


まずはペンとメモは忘れずに持っていきましょう。




ペンはパーティーで書く自己紹介シートや、
気に入った相手の番号を書くのにも便利。




また、行くまでに自己紹介シートに書く内容は考えておくほうが良いです。




趣味や仕事など、その場の話題提供のきっかけになるので、

できれば誰もが身近な趣味や、

あえて何コレ?と興味を持つような内容にするといいですね。




数分で自分をアピールするのですから、個人的な特徴がわかるものを書きましょう。



そして、数分で気に入った相手の番号は
必ずメモしましょう。

その時、話したエピソードとかを合わせてメモすると、
後で見返すときにわかりやすくなります。




3.どのパーティーが良いのか?



こればかりは行ってみないとわからないこともあります。
が、会場により多少集める人の年齢に傾向はあります。




例えば、

・渋谷や新宿だと比較的年齢が若く

・銀座は年齢層が広い

・六本木は職種が様々




など。




その街にいる人のイメージと、集まる人は一致することが多いですね。




なお、パーティーは女性が無料や激安な参加費用なので、
女性はいろんな会社、場所のパーティーを巡り、
男性は逆に1つの場所の常連になることが多いです。
(常連になると、参加費割引してもらったりもあります)




まずは参加者の多そうな、
大手のお見合いパーティーに参加してみましょう。
(あえて年齢層や職種は絞らなくて良いです。
ぶっちゃけ当てになりません。※第三回目を参照)

大手のお見合いパーティといえばこの辺でしょうかね。














ちなみにやはり、クリスマス前は参加者が増えますね。

なので、初参加は12月がおすすめ。




なおお見合いパーティーは男女どちらも、

一人で参加する方が勝率高いです。




だって、友達はカップルならなかったのに、
自分がカップルなるのは気まずいですよね?

友達と参加すると、そういった空気読みが発生するので、
絶対に本気なら一人で参加しましょう。










4.参加費用


大体大手はどこも同じ。

男性 3000 5000
女性 無料 1500




パーティーにはソフトドリンクだけ、

アルコールもあり、

軽食やデザートありなど

いろんなものがあるので、




「パーティにお茶しに行った。」




くらいの気楽なカンジで、参加すれば良いと思います。



google Sponsored Link2





以上、まずはざっくり「お見合いパーティとは?」の全体説明でした。

少しはパーティー参加へのハードルが下がりましたでしょうか?




次回は、スタッフが感じたパーティー攻略法を
お伝えしますのでお楽しみに!

Sponsored Link:

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

googleスポンサードリンク